今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 7」シリーズはIP67等級の耐水・防塵性能だが「液体による損傷は保証の対象外」

Iphone7plus

今回発表された「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」についてはIP67等級の耐水・防塵性能ということで話題となっていますが、Appleはいくつかの注意点とともに「液体による損傷は保証の対象外」と案内しています。

スポンサードリンク


永続的に防水・防塵機能が維持されるわけではない

これについては「iPhone 7」の仕様ページの下の注意書きに以下のように書かれています。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

通常の使用により、耐水・防塵などの性能が低下する可能性があることを明らかにしていて、iPhoneが濡れている場合は充電しないように注意を促しています。

あくまでこういった性能はあるものの保証の対象にはならないということなので、過度に水回りで使うというのは避けたほうがいいかもしれませんね。

個人的には今までどおりに使うのが一番だと思いますし、その上で何かのアクシデントで水がかかっても大丈夫だったという形になればいいのかなと思います。

(via gori.meさん)

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)