今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、「iPhone 6s/6s Plus」はA9プロセッサによってバッテリー性能の違いが2〜3%あることを認める

A9processer
img via iFixit

昨日から特に話題となっている「iPhone 6s/6s Plus」のA9プロセッサがサムスン製とTSMC製によってバッテリー性能に違いについて、9to5Macによると、Appleが2〜3%以内ではあるが違いがあることを認めたと伝えています。

スポンサードリンク


Appleの最高基準は満たした優れたバッテリー寿命を実現

Appleは声明の中で、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」に搭載されているA9プロセッサは、容量、カラーなどに関わらず、Appleの最高基準を満たした優れたバッテリー寿命を実現しているとしています。

Appleは、いくつかのベンチマークテストで大きなバッテリー持続時間が出ていることについて、バッテリーがなくなるまでCPUを連続的に高負荷にするテストは実際の利用状況を表さず、現実的なバッテリー性能を測定するのには紛らわしい方法で、我々のテストでは、実際の違いは2〜3%内のだとしています。

バッテリー性能がA9プロセッサの違いによって多少の違いがあることはAppleとしては認めているものの、その差はAppleの基準を満たしていて問題ではないという認識のようですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)