今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 6s」シリーズが「iPhone 6」シリーズより重くなった理由

Iphone6s3dtouch

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」が発表され、9月25日に販売が開始されるわけですが、今回の特徴の一つに「iPhone 6」シリーズより重くなったことがあります。これについて9to5Macが、Appleが公開した環境に関する公式文書から要因が判明したと伝えています。

スポンサードリンク


iPhone 6sシリーズとiPhone 6シリーズの重さの違い

まず、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」と「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の重さの違いをいかにまとめてみました。

重さ
iPhone 6 129g
iPhone 6s 143g
iPhone 6 Plus 172g
iPhone 6s Plus 192g

約1割ほど重さが増えているのですが、この差を生んでいる大きな要因はディスプレイパーツで、これは「iPhone 6s」シリーズのほうが2倍重くなっているそうです。

実際のグラム数でいうと、「iPhone 6」のディスプレイパーツは12gなのに対して、「iPhone 6s」では24gになっているそうです。

これは、3D Touchの対応により、ディスプレイのバックライトに新たな静電容量型圧力センサーを搭載していることが要因となっていて、今までよりレイヤーを1つ追加する必要があり重くなっているようです。

それでも今回は筐体に航空宇宙産業でつかわれる7000シリーズのアルミニウムを採用するなどしているので、そういった意味では最小限の重量の増加に留めたということなのかもしれません。

実際に購入したら「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の体感的な重さの差などを比べてみたいと思います。

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の予約はオンラインストアで!

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)