「iPhone 8」はTouch IDに変わり3D顔認証がロック解除などに使われる!?

Iphone8renda

Bloombergは、情報筋によると、Appleは今年後半に発売を予定しているiPhoneのセキュリティシステムとして、指紋に代わって新しい3Dセンサーによる顔認証を採用するようだとしていて、さらに目のスキャンについてもテストをしていると伝えています。

スポンサードリンク

Touch IDはやはり廃止で顔認証に?

この3D顔認証システムでは、ロックの解除やApple Payでの支払いの認証に使われ、数百ミリ秒以内にロックを解除することが出来るようになっていて、顔に近づけなくてもテーブルにiPhoneが横になっていても機能するようになっているとのこと。

3D顔認証システムは、指紋より多くのデータポイントを取り込むためTouch IDより安全だとされていて、まだこの機能はテスト中で、新しいデバイスに搭載されない可能性もあるとしています。

ほかにも、Bloombergは、「iPhone 8」の特徴についての情報を伝えていますが、新しい「iPad Pro」にも搭載されたリフレッシュレートを増加させた「ProMotion」の採用や、AI専用プロセッサ「Apple Neural Engine」を搭載する可能性を示唆しています。

昨日の記事でも紹介したKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートでも3D顔認証についてを伝えていましたが、やはりホームボタンが廃止されることでTouch IDが廃止となり新しい認証方法が採用されるということなのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)