「iPhone 8」はTouch IDがやはりディスプレイ内蔵になり、虹彩認証などにも対応!?

Iphone8image 01
image via iDROP NEWS

9to5Macは、iDROP NEWSが、「iPhone 8」に関する最新の情報と「iOS 11」が動く「iPhone 8」をイメージした画像を複数公開していると伝えています。

スポンサードリンク

Touch IDがはやはりディスプレイ内蔵か?

Iphone8image 03
image via iDROP NEWS

まず、「iPhone 8」の特徴として今までも情報があったとおり、ワイヤレス充電が可能になっていること、さらに縦に並んだデュアルレンズカメラを搭載していて、これはAR機能などに使うためとしてます。

Iphone8image 02
image via iDROP NEWS

さらに、前面には赤外線センサーなどがあり、3Dデュアルカメラレンズと連携することで顔認証および虹彩認証が追加されるとしています。

また、ホームボタンが廃止されることでどうなるかが注目されていた「Touch ID」については、フロントガラスの中に組み込まれるようだとしています。

ほかには、フロントカメラやいくつかのセンサーなどが集まるセンサーバーについては最終的にどのように実装されるかはまだ不明だそうです。

時期的なことを考えればすべてのデザインが決まり、部品の発注などが進んで生産に近い段階になっているとは思うので、このあたりからはかなり確度の高い情報が出てきそうです。そういった意味でも今回の情報も大きくハズレてはいなさそうな気はしています。

個人的に一番の注目はやはり「Touch ID」がどうなるかですが、ディスプレイとの一体化に成功していればとてもスマートでいいですよね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)