Apple、「iPhone」向け省電力チップを自社開発中か!?

A10fusion

ロイターは、アナリストの情報として、欧州の半導体メーカーでiPhone向けにパワーマネジメント集積回路を開発しているダイアログ・セミコンダクターが、Appleへの供給契約を失うリスクがあると伝えています。

スポンサードリンク

2019年のiPhoneにも自社開発の省電力チップを搭載?

アナリストの調査メモによると、Appleはすでに「iPhone」向け省電力チップを自社開発中で、早ければ2019年にもダイアログ・セミコンダクター製から取って代わる可能性があるとのことです。

匿名の関係者によると、Appleはすでにパワーマネジメントチップの自社開発のために約80人のエンジニアを雇っていて、ミュンヘンではダイアログの優秀なエンジニアを採用しているとの情報もあるそうです。

先日の情報で、独自のグラフィックチップを開発しているというのがありましたが、それに続いて省電力のチップもApple自ら設計するということなんでしょうか?

もちろんすぐにということではないですが、徐々に内部パーツを自社設計のものに変えていくという方針があるのかもしれないですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)