Apple、「iOS 10.2.1」で「iPhone 6s」が予期せずシャットダウンする問題を80%以上減らすことができたとコメント

Smartbatterycase 11

TechCrunchは、Appleが、「iOS 10.2.1」で「iPhone 6s/6」が予期せずシャットダウンする問題を大幅に減らすできたことを明らかにしたと伝えています。

スポンサードリンク

「iOS 10.2.1」で発生確率が下がる

Appleによると、「iOS 10.2.1」はアクティブなiOSデバイスの50%以上がアップグレードをしていて、診断データの結果から「iPhone 6s」で80%以上、「iPhone 6」で70%以上予期しないシャットダウンを減らすことができたとしています。

また、ユーザーが予期しないシャットダウンに遭遇した場合でも、電源に接続することなく再起動できる機能も追加されていて、この問題自体は安全上に問題があるわけではないが、できるだけ早く修正したいとAppleはコメントしているようです。

この問題については完全に解消されているわけではないですが「iOS 10.2.1」にアップデートすることで発生回数を減らすことはできるようなので、この問題が出ている人で「iOS 10.2.1」にしていない方は、まずアップデートをしてみると効果があるかもしれませんね。

なお、この問題は昨年末から実施されている「iPhone 6s」のバッテリーリコールの問題とは別となっているそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)