Iphonexbunner big

「iPhone 8」は、現行の5.5インチモデルに搭載されているバッテリーが4.7インチモデルに搭載可能に!?

Iphonebatterycapa
image via MacRumors

MacRumorsは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、2017年に発売されるいわゆる「iPhone 8」について、より長いバッテリー持ち時間を実現するために、高コストの積層型ロジックボードを採用するようだと伝えています。

スポンサードリンク

4.7インチモデルにより多くのバッテリーが搭載可能に?

Ming-Chi Kuo氏は、バッテリーの材料は今後3〜5年で大きな進化をする可能性は低いので、メインボードのエリアを積み上げられたロジックボードで減らすことで、より大きなバッテリーの搭載と使用時間を延ばすことが可能だとしています。

このロジックボードにより、有機ELを搭載する4.7インチモデルは、TFT液晶を搭載した4.7インチモデルと同様のサイズで、5.5インチモデルに搭載されている容量に匹敵するバッテリーが搭載可能だとしています。

また、有機ELはTFT液晶よりエネルギー効率が優れているため、より5.5インチモデルを上回るバッテリー寿命が実現できるかもしれないとしています。

iPhoneを含めてスマートフォンのバッテリーの持ち時間というのは常にテーマに上がることですが、小さい筐体の中にさらに新しい空間を考えるという段階にまできてるんですね。これはぜひとも実現してほしいところですよね!

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ner

    有機ELを搭載する4.7インチモデル

    これで決まり?

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA