次期「iPhone」の有機ELディスプレイはサムスンディスプレイが独占供給!?

Iphone7iphone6s 01

DIGITIMESは、台湾のサプライチェーンメーカーによると、2017年に発売される「iPhone」の有機ELディスプレイはサムスンディスプレイが独占供給するようだと伝えています。

スポンサードリンク

2017年のiPhoneはやはり3モデル?

Appleは、2017年後半に4.7インチ、5.5インチ、5.8インチの新しいiPhoneを発売する予定で、4.7インチ、5.5インチモデルについては従来のTFT-LCDパネル、5.8インチモデルにの有機ELディスプレイを採用するとしていて、2017年の有機ELディスプレイ搭載iPhoneの出荷は6,000〜7,000万台が推定されているとのこと。

それに対して、サムスンディスプレイは月間最大2,000万台の有機ELディスプレイを供給可能だそうです。

また、2017年に発売される「iPhone」については、日本写真印刷がタッチセンサーを、サムスンディスプレイとTPK Holding、General Interface Solutionが有機ELディスプレイパネルとの接合部を供給するとしています。

2017年のiPhoneのサイズについては、従来の4.7、5.5インチに加えて、5インチや今回出てきた5.8インチなど複数の情報があるのですが、どのあたりが実際に採用となるのでしょうか…。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)