今日の人気記事

スポンサードリンク

2017年のiPhoneは「iPhone 8」になり、有機ELディスプレイとワイヤレス充電が特徴に!?

Iphone6sreview 06

MacRumorsは、BarclaysのアナリストMark Moskowitz氏が、業界筋の話として、2017年のiPhoneは伝統の「s」シリーズをスキップし、ワイヤレス充電などの次世代の機能を搭載したメジャーアップデート版の「iPhone 8」となると予測していると伝えています。

スポンサードリンク


有機ELディスプレイやホームボタンの廃止も?

この「iPhone 8」は、ワイヤレス充電のほかに、有機ELディスプレイの搭載、フォームファクター完全な変更、さらにはホームボタンの廃止なども予測していて、iPhoneの売上を10.3%増加させることが出来るとしています。

今のところ出てくる「iPhone 7」の噂によると、カメラ部分にアップデートはあるものの、デザイン時にはあまり現行の「iPhone 6s」シリーズと大幅な変更はないのでは思われています。

それに対して2017年に発売されるとみられる「iPhone」については、筐体もガラス製になるなど、設計自体を一から変更が予想されるものになっていますよね。そう考えると、たしかに「iPhone 7s」というよりは「iPhone 8」という位置づけは理解できますよね。

もちろんまだわからない部分は多いですが、iPhoneの大きなアップデートになるのは2017年になる可能性は十分ありますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)