今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、有機ELディスプレイを搭載した「iPhone」は3年後に発売!?

Iphone6sreview 04

日本経済新聞は、Appleが3年後の2018年の「iPhone」に鮮明な画像と省電力が特長の有機ELを採用することを計画していると報じていて、部品メーカーなど複数の取引先に伝えているとしています。

スポンサードリンク


一部の機種で有機ELを採用する?

記事によると、世界出荷台数が年間で2億台を超える「iPhone」の全量に搭載するパネルを確保するのは難しいことから派生ブランドを用意するなどして一部のiPhoneで有機ELを採用し、液晶を搭載した製品と並行して販売する案が有力だとしています。

先日の記事で、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏も少なくても2018年まで有機ELを搭載した「iPhone」は発売されないと予測していて、今回の情報とも合致しますね。

なお、有機ELの発光量や省電力の性能が経年劣化しやすいという技術的な課題については、Appleがパネルメーカやパネル製造装置メーカーと技術面の協議を始めていてて、安定供給を受けられるかを今後1年程度で判断するとのことです。

遅かれ早かれ有機ELディスプレイを搭載した「iPhone」というのは発売されると思うのですが、少なくても来年といった直近で採用されるようなことはなさそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)