Appleのエンジニアが、バッテリー問題調査のためユーザーに連絡!?

9to5Macによると、the guardianの情報として、Appleのエンジニアが、「iPhone 4S」でバッテリー寿命の問題の原因を特定する為に、その問題を送ったユーザーに連絡を取って、"監視プログラム"をインストールするように求めて来ているという事です。 その連絡を受けた1人のユーザーは、Appleのエンジニアから使用状況などの質問を受け、さらにその"監視プログラム"をインストールして、情報をAppleに送ったそうです。 やはり、「iPhone 4S」のバッテリーには問題があるのかもしれないですね。僕個人の感想でも明らかにバッテリーの減りが早い気がします。これがソフトウェアの問題ならアップデートでなおる可能性がありますが、現状ではAppleは調査中のようなので、対応がなされるにしても、まだ時間がかかりそうですね。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)