「iPhone 4S」通信速度比較レポート

Cent Japanによると、ICT総研が、スマートフォン電波状況に関する実測調査の結果を発表したと伝えています。 記事によると、首都圏や東海・関西では、理論上の最大値では圧倒的優位のソフトバンク版がau版の速度を若干上回るものの、理論値ほどの差がなく、東北地方に関しては、auの速度が非常に安定していて、ソフトバンクを大きく上回ったそうです。 Android端末と「iPhone 4S」の比較では、Androidの方がデータ通信速度では「iPhone 4S」を上回っているそうですが、YouTubeの視聴までの開始時間は、「iPhone 4S」の方が早いそうです。 スマートフォン全体としては、キャリア全体の通信速度が向上しているようです。中でもソフトバンクは著しい改善が見られていて、首都圏では前回調査より約2倍の下りの速度が出ているそうです。 思っている以上にソフトバンクが健闘しているような気がしますね。au版「iPhone 4S」が出た事により、通信速度の品質がさらに求められるようになって来ています。今後も競争によって、さらに品質が高まってくるといいですね。 au版「iPhone 4S」は、ある程度安定した結果を出せているようです。この辺は、発売当初から品質をアピールしただけの事はありますね。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)