Iphonexbunner big

「iPhone 4S」と「iPhone 4」のデータ通信スピード比較

昨日晴れて「iPhone 4S」を使えるようになったということで、実際「iPhone 4S」と「iPhone 4」にはデータ通信スピードに差があるのか、ちょっとだけ検証してみようと思います。キャリアはソフトバンクです。 僕が持っている「iPhone 4S」はHSDPA対応なので、下り最大14.4Mbps、上り最大5.7Mbpsです。対する「iPhone 4」は、上り最大7.2Mbps、下り最大1.4Mbpsです。 測定場所は、都内の僕の仕事場です。もちろんHSDPAの対応エリアになっています。測定に使用したアプリは、「Speedtest」です。 まずは「iPhone 4S」から、3回計測しています。
iphone4s-keisoku.jpg
クリックで拡大
左から1回目、2回目、3回目と計測した結果です。 続いて「iPhone 4」です。こちらも3回計測。
iphone4-keisoku.jpg
クリックで拡大
おや?? 1度目に最高速度を叩き出しましたね。さらに、その後も「iPhone 4S」と同じぐらいの速度…。 予想としては若干「iPhone 4S」が早くなると思っていたのですが、予想外の結果ですね。ちなみにこれは場所によって大きな差があるようなので、ひとつの参考程度にしておいてください。 補足とすると、「iPhone 4S」の方がSafariの描写速度が明らかに早いです。これはデータ通信の速度の問題ではなく、A5チップによるものだと思います。これが体感速度に与える影響が大きくて、明らかに「iPhone 4」より「iPhone 4S」の方がすべての動作でサクサクです。当たり前ですが…。 au版「iPhone 4S」は持っていないので測定できませんが、au版の方が早い場所があったりするようですね。今後はソフトバンクがさらにエリアの充実と速度の高速化に頑張って欲しいですね。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA