Iphonexbunner big

「iPhone 4S」発売イベント まとめ

本日発売された「iPhone 4S」ですが、ソフトバンクは表参道店で、auはKDDIデザイニングスタジオで発売記念イベントが行われました。 (Souce:ITmediaImpress) 表参道店で行われたソフトバンクのイベントでは、フリーアナウンサーの西尾由佳理さんがゲストとして登場。孫社長はイベントの中で、スティーブ・ジョブズ氏のことについて「最後にスティーブに会って話をしたのは今年の6月。たいへん身体も痩せていたが、目は爛々としていた」と話し、「本当に偉大な人物を亡くした。人々にとって大きな損失だが、ぜひこの素晴らしいスティーブが作ってくれたものを慈しみましょう」と語ったということです。 auとの競争については、「健全な競争が起こるのは当然。さらにネットワークを強化しないといけない。」と話し、「iPhone 4S」の予約は過去のiPhoneより好調としています。 KDDIデザイニングスタジオで行われたauのイベントで、KDDIの田中社長は、「auからやっとiPhoneが出る、ということを本当に嬉しく思っている。下半期のメッセージとして『未来が選べる』という言葉を掲げているが、選べる環境ができたことは非常に嬉しい」と語っています。 「iPhone 4S」の予約台数は「IS03」と比べ結構いいとしています。ソフトバンクより月額料金が高いことについて、「オプションを含めるとそんなに変わらない」と話し、さらに料金競争より、ネットワークの品質を重視する姿勢を明らかにしています。 一方銀座のApple Storeでは、800人以上の行列ができたそうです。かなりの報道陣が駆けつけた中、8時のオープンには恒例のスタッフとのハイタッチをしながら入店と、いつものように盛り上がったそうです。 いよいよ2社が「iPhone」を販売する競争状態に入りました。ソフトバンクは料金と長年の経験で、auはネットワークの繋がりやすさで勝負しているという感じですね。ユーザーにとっては選択肢が増えることはいいことなので、歓迎したいですね。 次回の携帯各社の純増数やナンバーポータビリティの数などが非常に楽しみですね。どのようにユーザーが動いているかの一つの目安になると思います。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA