今日の人気記事

スポンサードリンク

「iOS 9」に搭載される新しい低電力モードでは、ベンチマークスコアが約40%落ちることが明らかに

Ios9img

MacRumorsによると、「iOS 9」から新たに搭載される低電力モードでは、ベンチマークスコアが約40%落ちることが明らかになったと伝えています。

スポンサードリンク


バッテリー持続時間を優先するモード

「iOS 9」をインストールした「iPhone 6 Plus」で、低電力モードをオフにした状態とオンにした状態でGeekbench 3のスコアを計測したところ以下の様な数字になったようです。

Ios9syoudenryoku
Photo by MacRumors

左が省電力モードがオフで右がオンの場合ですが、オフの場合のシングルコアスコアが1606、マルチコアスコアが2891だったのに対して、オンの場合のシングルコアスコアが1019、マルチコアスコアが1751となっていたそうです。

これは「iPhone 5s」でも同じ結果になっているそうです。

省電力モードとは

「iOS 9」から新たに搭載されるこの省電力モードは、CPUの性能を落としてバッテリーを節約するモードとなっていて、さらにメールのフェッチ取得もオフになり、バックグラウンドでのアプリの更新、壁紙のアニメーションといった表示エフェクトなどもオフになるそうです。

「iOS 9」では最適化によって1時間のバッテリー寿命が伸びることが明らかになっていますが、省電力モードを使うことでさらにバッテリーの持ちが3時間伸びるそうなので、万が一の時にかなり役に立ちそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)