Iphonexbunner big

「iOS 11」で削除されていた3D Touchによるアプリスイッチ機能は将来のアップデートで復活へ

Appswitchios11

「iOS 11」から「3D Touch」によるアプリスイッチ(マルチタスク画面表示)機能が削除されていましたが、MacRumorsによると、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当のCraig Federighi氏が、将来のアップデートでこの機能を復活させることを明らかにしたと伝えています。

スポンサードリンク

iOS 11.xで復活へ

これはMacRumorsの読者のAdam Zahnがメールで、「アプリをスイッチする方法として、ホームボタンをダブルクリックの代わりに3D Touchによるアプリスイッチ機能をオプションにできないか?」問い合わせをしたところ、Craig Federighi氏から返信があったそうです。

そのメールでCraig Federighi氏は「技術的な制約のためこのジェスチャーのサポートを一時的に落とさなければなりませんでした。今後のiOS 11.xのアップデートで戻していきます」と述べています。

ちなみに、このメールは、Appleの本社のIPアドレスから送信されていて、Craig Federighi氏も「iPhone X」発表のイベント後にいくつかのユーザーのメールに返信をしているので、今回のメールも本物である可能性が高いようです。

なお、この「3D Touch」によるアプリスイッチ機能は、「iOS 10」ではホーム画面の左の縁の部分をグッと押し込むことでアプリスイッチ(マルチタスク)画面が表示されていたのですが、「iOS 11」から使えなくなっていました。

個人的にもそこそこ使っていた機能で、削除されていたのは地味に悲しかったのですが、今後のアップデートで復活の予定があるのでホッとしました。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA