Apple、次期iOSデバイス向けOSとして「iOS 11」を発表

Ios11press

Appleは、サンノゼの「McEnery Convention Center」で行われた「WWDC 2017」において、次期iOS向けOSとして「iOS 11」を発表しました。

スポンサードリンク

iOS 11の新機能・特徴

「iOS 11」の新機能・特徴は以下のようになっています。

  • Siriの翻訳機能(beta版)を搭載。中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語に対応
  • コントロールセンターのデザインを刷新
  • Live Photosを強化。ループやバウンス、長時間露光などの機能を追加
  • 個人間でのお金のやり取りがApple Pay経由でできる「Apple Pay Cash」
  • 「AirPlay 2」によりHomeKitでスピーカーのコントロールが可能に
  • ミュージックアプリでは友だちが最近聴いた曲などを共有が可能になり、APIの提供によりミュージックアプリにアクセスが可能に
  • ARKitを公開。デベロッパーが簡単にAR対応アプリを開発することが可能に
  • 「マップ」アプリで車線案内や一部地域で屋内マップも提供
  • 運転中は通知が来ないようするモードを搭載
  • App Storeを刷新。毎日新しいアプリを紹介する「Today」タブを追加
  • 自動セットアップモードとして、新しく購入したiPhoneやiPadを今まで使っていたiOSデバイスやMacに近づけるだけで、個人設定や環境設定、iCloudキーチェーンのパスワードが移行可能に
  • iPad向けの機能としてDock機能、ドラッグ&ドロップ機能を搭載
  • Apple PencilでPDFなどに素早く注釈がつけれたりする「インスタントマークアップ」機能や、ロック画面からすぐメモを取れる「インスタントメモ」機能を搭載
  • 新しい「File」アプリもリリースへ。フォルダによるファイル管理が可能に
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)