今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、iBookStoreの「今週のブック」として和久峻三著「赤かぶ検事奮戦記 蝋人形館の殺人」をピックアップ

Akakabu

Appleは、iBookStoreスタッフが選んだおすすめの1冊を無料で紹介する「今週のブック」として「今週のブック」として和久峻三著「赤かぶ検事奮戦記 蝋人形館の殺人」をピックアップしています。

スポンサードリンク


赤かぶ検事・柊茂シリーズ

赤かぶ検事奮戦記 蝋人形館の殺人」は、法定ミステリーの第一人者として知られる和久峻三氏が2000年に発表した作品で、1976年から続く赤かぶ検事・柊茂シリーズの一つとなっています。

「この人、痴漢です!」車内の携帯電話を注意された腹いせに訴えた夕季子の、それが死への第一歩だった。勾留に耐え容疑を晴らした男は、名前さえ明かさずに去っていった。夕季子の血まみれの生首が発見されたのは、それから間もなくである。殺害現場の近くには男の館があり、屋根裏部屋には美貌の蝋人形たちが……。赤かぶ検事に閃いた身の毛もよだつ想像とは!?

「今週のブック」は期間限定で無料でダウンロードすることができます。この機会にぜひどうぞ!

赤かぶ検事奮戦記 蝋人形館の殺人

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)