今日の人気記事

スポンサードリンク

Google、Mac版chromeのバッテリー消費を少なくすること取り組んでいることを明らかに

Chorome

TechCrunchは、Googleの上級エンジニア、Peter Kating氏がGoogle+に書き込んだ内容として、Mac版chromeのバッテリー消費を少なくすること取り組んでいることを明らかになったと伝えています。

スポンサードリンク


GoogleもMac版chromeの問題を認識

Peter Kating氏によると、Mac版chromeの不満として、Safariの方がバッテリーが消費が少ないことを認識していて、チームはアグレッシブにこの問題に取り組んでいるとしています。

改善内容としては、アイドル状態のタブの優先順位を下げたり、Googleで検索する際のCPU効率の改善などいくつかの取り組みによってSafariに追いつくようにと動いているようです。

なお、その改善されたバージョンのChormeについては一般リリースは数カ月後になる見込みだそうです。

現状MacではSafariの方が圧倒的バッテリーの消費が少ないということがわかっています。これについてはやはり純正のアプリということもあり致し方ない部分だと思いますが、Chromeもそれに追い付くために取り組みをしているようで、Googleとしてもこの部分はかなり気にしているようですね。

デフォルトのブラウザをSafariにしている人はあまり影響ないかもしれませんが、Chormeを使っている人は多いと思うので、この改善版は早くリリースしてほしいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)