Iphonexbunner big

ソフトバンク、2012年秋以降にFDD-LTE対応を発表

ソフトバンクモバイルは、次世代高速データ通信サービスを2012年秋以降に提供開始すると発表していて、その中で、現在のAXGP(Advanced eXtended Global Platform)に加え、FDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)を展開すると発表しています。

Softbank biglogo

次世代高速データ通信サービス対応のスマートフォン向けには、月額5,985円のパケット定額サービスを提供する予定としていて、FDD-LTEについては、2012年秋以降にネットワークの稼働を予定しており、対応エリアは全国の主要都市から順次拡大していくとしています。

FDD-LTEについては、Appleが「新しいiPad」で採用している規格です。これをみると、次世代「iPhone」に向けてソフトバンクがFDD-LTEを展開という風に読み取れなくもないですね。

ただ、LTEの規格については周波数帯、仕様などいろいろな問題があるので、これだけで判断出来ないのが難しいところです。

次世代「iPhone」にはLTEが搭載される可能性が高そうなので、是非とも対応して欲しいところですけど、どーなるでしょうか??

[追記]
ケータイWatchによると、開始当初、2.1GHz帯の5MHz幅を利用し、下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbpsという通信速度になるということのようです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA