今日の人気記事

スポンサードリンク

携帯3社、「2年縛り」更新月を2カ月に延長へ

Keitai3carria

Sankei.bizによると、NTTドコモなど大手3社は「2年縛り」契約について、無料で契約解除に応じる「更新月」を現在の1カ月間から2カ月間に延長すると発表したと伝えています。

スポンサードリンク

現行の契約ルールでは、25カ月目以外に解除する際は1万円前後の高額な解約金が発生するため、利用者の不満が根強く、取り組みを求めていた総務省に対し、各社が一定の改善策を示した形だとしています。

この新ルールは、3社は今年10~12月(ソフトバンクモバイルの「ワイモバイル」は来年1~3月)に導入し、従来の25カ月目に加え26カ月目も無料解約に応じるとしていて、更新月の前月には、各利用者に対するメールでの告知も新たに始めるそうです。

日本経済新聞によると、総務省はこの「2年縛り」契約についても問題視していて、見直しを求めるように議論を開始するとの報道があるので、携帯各社は対策を取ってきたということのようです。

ただ、更新月が2ヶ月になったとしても、やはり自動的にまた2年契約になってしまうという部分については、やはり考えなおさないといけない時期に来ているのではないかと思います。

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 何時

    意味ねーよー
    どうせ3月契約なら4,5月になるだけでしょー
    3月契約で3,4月になるなら大歓迎だけどー

コメントを書く

*
*
* (公開されません)