今日の人気記事

スポンサードリンク

AdobeとGoogle、日本語、中国語、韓国語に対応するオープンソースのフォントファミリーを発表

Sourcehansans

AdobeとGoogleは、日中韓3か国語のほか、ラテン、ギリシャ、キリルの各文字をサポートするオープンソースフォント、「Source Han Sans」を発表しています。

スポンサードリンク

「Source Han Sans」は、使用人口15億人にのぼるこれら3か国語および地域別バリエーションを同一フォントファミリーでサポートする初めてのオープンソースのフォントファミリーとなり、OpenTypeフォーマットとしては最大数の65,535文字をフォントごとにデザインしたとのことです。

なお、この「Source Han Sans」はGoogle Note Fontsからダウンロードが可能で、もちろん無料で利用することができます。

アドビ、Googleと協力し、画期的なデジタル書体を発表
オープンソースの美しい Noto フォントファミリーに日本語、中国語、韓国語が加わりました。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)