今日の人気記事

スポンサードリンク

LINE、ユーザーが制作したスタンプを販売できる「LINE Creators Market」の登録受付開始

Linecreatorsmarket

LINEは、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、クリエイター及びスタンプの登録受付を開始したと発表しています。

スポンサードリンク

「LINE Creators Market」は、LINEのトークで利用できるスタンプを、世界中のLINEユーザーが制作・販売する事が出来るプラットフォームで、スタンプの審査は本日より順次実施し、審査を通過したスタンプの発売開始は5月以降を予定しているとのことです。

現状では、審査を通過したスタンプは日本・タイ・台湾・インドネシアで展開する「LINE ウェブストア」で販売され、「LINE ウェブストア」展開国のLINEユーザーが購入できるそうです。

なお、「LINE Creators Market」で制作されたスタンプは1セット40種類100円で販売され、クリエイターには売上のうち50%が分配されます。

今後クリエーターがどんどん参入してくると思われますが、いろいろなバリエーションのスタンプが登場してくる事が期待されますね。ただ、個人的にはいつ「LINE電話」がiPhoneで対応するかが気になるところです。

関連記事
LINE、自作スタンプの販売ができる「LINE Creators Market」や固定電話などと通話できる「LINE電話」を発表

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)