今日の人気記事

スポンサードリンク

2014年1月携帯純増数はソフトバンクが首位に戻る、iPhoneの好調が要因

Keitai3carria

ロイターによると、携帯電話3社が発表した2014年1月の携帯電話契約件数によると、純増数ではソフトバンクが249,900件となり、2ヶ月ぶりの首位に返り咲いたと伝えています。

スポンサードリンク

ソフトバンクは「iPhone 5s」「iPhone 5c」が好調で、KDDIが189,000件増で2位、先月首位のドコモは3位で140,200件の純増になっているとのことです。

また、NNPによる転出入数では、KDDIが46,900件、ソフトバンクは36,000件のそれぞれ転入超過で、ドコモが81,000件の転出超過となり、60ヶ月連続でマイナスとなったとしています。

なお、ドコモは引き続きiPhoneは好調に推移しているが、他社のキャッシュバックキャンペーンや2年前に契約のデータプランの解約も足を引っ張ったとのことです。

iPhoneの販売は好調といえど、MNPによる転出が止まらないドコモはまだまだ厳しい戦いとなっていますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)