今日の人気記事

スポンサードリンク

2013年12月携帯純増数はドコモがトップ、iPhoneの在庫不足解消で

Keitai3carria

 
ロイター毎日新聞などは、携帯電話3社が発表した12月の携帯電話契約件数によると、純増数ではドコモが27万9100件となり、2011年2月以来のトップになったと伝えています。

スポンサードリンク

ソフトバンクは22万4300件、KDDIは22万2600件となっていて、ドコモは純増数で5万件以上上回っているとしています。

これは、「iPhone」の在庫不足が解消したほか、XperiaなどAndroidの冬春モデルも販売が堅調だったことから新規契約が好調だったとしています。

ただ、MNPによる転出入数で、ドコモは5万1000件の転出超過と59カ月連続のマイナスで、KDDIは4万3000件の転入超過、ソフトバンクは9400件の転入超過だったとしています。

なお、年間純増数は、ソフトバンクが343万7700件増えて6年連続1位。KDDIは279万9700件増えたが、NTTドコモは119万3500件増となっているそうです。

ドコモがついに純増数1位になるまでなりましたね。まだMNPが転出超過のため判断が難しいところではありますが、iPhone投入以降、ソフトバンクとKDDIと戦えるようになってきているという印象ですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)