今日の人気記事

スポンサードリンク

ソフトバンク、Sprintを通じてT-Mobile USAを買収へ、実現すれば売上高で世界2位の規模に

Softbanklogo re

 
日本経済新聞によると、ソフトバンクは、アメリカで第4位のキャリアT-Mobile USAを買収する方針を固め、関係者との最終調整に入ったと伝えています。

スポンサードリンク

ソフトバンクは、Sprintを通じて2014年春にもT-Mobile USAの大半を取得するとのことで、買収額は2兆円越となる見通しで、実現すればソフトバンクグループの携帯事業の年間売上高は7兆円に達し、China Mobileに次ぐ世界2位に浮上するとしています。

T-Mobile USAの親会社ドイツテレコムとは買収方式で調整に入っていて、賛同するとみられているそうです。

買収後はSprintと経営統合させる案が有力で、統合会社の携帯契約数は単純合計で約1億円となりアメリカの2強にほぼ並ぶとみられています。

これがほんとに実現すればソフトバンクグループの規模がまた大きくなり、市場における影響力がさらに高まってくることになりそうです。今後アメリカの規制当局による認証や、さらに更なる買収相手などの出現などがあるかもしれませんが、どうなっていくか推移を見守りたいところです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)