KDDIがライブドアの公衆無線LAN事業を譲り受ける

KDDI株式会社と、株式会社ライブドアは、ライブドアの公衆無線LAN事業をKDDIが譲り受けることについて、本日、事業譲渡契約を締結したと発表しています。 ライブドアは現在、山手線圏内の電柱のほか、大学、カフェ、飲食店、商業施設など、約2,300ヶ所以上でWi-fiエリアを展開してるそうで、それをすべて、KDDIが受け継ぐそうです。 KDDIは、「iPhone 4S」を始めとするスマートフォン販売が増えていて、トラフィックの問題が近いうちに表面化する事が予想されるので、「Wi-Fiエリア拡充」は喫緊の課題となりそうです。 今日のソフトバンクの発表によると、ソフトバンクのWi-Fiスポット数は10万で、対するKDDIはまだ1万ということなので、早く拡大することが求められています。 そういった意味でもこの譲渡はKDDIにとってはいい方向に進みそうですね。ただ、実際使い勝手がいいかがわからないですけどね…。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)