今日の人気記事

スポンサードリンク

2013年7月携帯純増数は19ヶ月連続でソフトバンクがトップ、ドコモは2ヶ月ぶりの純増に

日本経済新聞によると、携帯電話3社が発表した7月の携帯電話契約件数によると、純増数ではソフトバンクモバイルが25万4500件で19ヶ月連続でトップ、2位がKDDIで22万5200件、3位がドコモで17万2500件となったと伝えてます。

Keitai3carria

 

スポンサードリンク

ソフトバンクとKDDIは、キャッシュバックを積極的に活用してiPhoneの販売を伸ばしていて、ドコモはこれに対抗し6月に撤廃したキャッシュバックを復活させたことで販売が急回復したそうです。

なお、MNPに関してはKDDIが7万100件の転入超過、ソフトバンクは4万600件の転入超過、ドコモは11万2400件の転出超過になっているそうです。

純増とMNPの順位についてはもうこれが固定されてしまっていますが、相変わらずMNPはドコモユーザーの流失は止まっていないようですね。

ドコモについては、NECがスマホの開発・生産から撤退し、パナソニックも撤退という噂もでていますが、今後の展開が注目されるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)