LTEエリア化率はドコモが1位、「iPhone 5」よりAndroidデバイスが速度が速い結果に

日経BPコンサルティングは、過去最多・全国1000個所大規模LTEエリア調査を実施し、その結果を公表しています。

Nikkeibpcon
 
この調査では、全国の人が多く集まる場所を1000個所抽出し、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社のLTEの接続エリア、速度等を計測。その結果、全国におけるLTEでつながるエリア化率のNo.1はNTTドコモとなったとしています。

また、各キャリアの販売の中心となっている機種であるドコモの「Xperia Z」、KDDI「iPhone 5」、ソフトバンクモバイル「iPhone 5」での、データ通信速度比較でドコモの「Xperia Z」がダウンロードスピードにおいて1位になったそうです。

なお、この調査にソフトバンクのAndroidの売れ筋商品「AQUOS PHONE Xx」、KDDIの「HTC J Butterfly」を加えた5機種の中で最もデータ通信速度の速い端末はKDDIの「HTC J Butterfly」だったそうです。

この調査から、KDDIとソフトバンクのLTE/4G対応Android端末は、利用者数も「iPhone 5」と比較して少ないことから高速なデータ通信が利用できると考えられるとしています。

「iPhone 5」については、場所によって、つながりにくい状況や、データ通信速度への影響が見られるなど厳しい結果となったとしています。

エリアの構築という意味ではドコモは早くからLTEサービスの「Xi」を開始させてたこともあり、KDDI・ソフトバンクをリードしているようです。

「iPhone 5」については、販売されている台数が多いことから帯域をだいぶ使っていて、速度が遅くなってきているようですね。今後は速度が高速に安定させることが求められてくるのではないでしょうか。

なお、この調査では、場所のカテゴリー別、地域別などの結果がでていますので、さらに詳細はコチラからどうぞ!

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)