Iphonexbunner big

Android、iOSに続く勢力となるか?KDDI、ドコモが新スマートフォンOS導入へ

日本経済新聞によると、GoogleのAndroid、AppleのiOSが世界市場の9割を占めるスマートフォン向けOSで、2013年度にもKDDIが「FireFox OS」、ドコモは「TIZEN(タイゼン)」を導入するようだと伝えています。

Firefox phone
 
「FireFox OS」は、ブラウザーのFireFoxで有名なMoziraが開発したもので、「TIZEN(タイゼン)」は、サムスンとインテルが中心となり、NECなど国内メーカーやボーダフォンも開発に参加しているOSだとしています。

両OSとも仕様が無償で公開されていて、通信会社やメーカーは自由に改良し、様々なサービス、機能を追加できるようになる見通しで、アプリの開発には「HTML 5」を採用、ネット経由で動くため、AndroidやiOSでもアプリを利用できるようになるとしています。

なお、「FireFox OS」は25日に開幕する「Mobile World Congress 2013」で実用化の時期が公表され、「TIZEN(タイゼン)」も近く実用化スケジュールを公表する見通しで、サムスンが年内にも搭載端末を発売するとのことです。

世界の流れは今のところAndroidとiOSが圧倒的なシェアとなっていますが、この2つのOSは、この牙城を崩すことができるでしょうか?

今後は、この2つのOSとWindows Phoneを加えた3つがAndroidとiOSを追撃することになるとは思うんですが、今から新しいOSを採用するということにどれだけユーザーにメリットがあるのかを示してほしいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA