Iphonexbunner big

ソフトバンク、「ソフトバンクWi-Fiスポット」のログイン時間の短縮、5GHz帯への対応などいくつかの改善を順次行うと発表

ソフトバンクモバイルは、「ソフトバンクWi-Fiスポット」をより快適に利用できるように、アクセスポイントへのログイン時間短縮や5GHz帯への対応など、端末やモバイルネットワークにおける改善を順次実施すると発表しています。

Softbankwifispotex
 
現在改善を実施している取り組みは以下の6つとなるそうです。

1.ログイン時間の短縮 「ソフトバンクWi-Fiスポット」に接続する時の従来のウェブ経由の認証から、SIMカードの機能を活用したEAP-SIM認証の展開を進める。これにより、当初は接続までの時間が7秒~10秒程度だったのが、2~3秒程度に短縮へ。なお、EAP-SIM認証に対応したアクセスポイントは順次拡大しており、2013年3月末までに40万カ所となる予定とのこと。

2.セキュリティーの強化 EAP-SIM認証の導入により、WPA2エンタープライズの業界最高水準のセキュリティーレベルを実現。

3.移動中Wi-Fi接続制御 端末の機能である加速度センサーなどを用いて状態を検知し、車などでの移動中に、不要なWi-Fiに接続しないように制御する「移動中Wi-Fi接続制御」を搭載。なお、対応機種は、PANTONE® 6 200SH、AQUOS PHONE Xx 203SHで、今後順次拡大予定。

4.5GHz帯に対応したアクセスポイントの拡充 従来の2.4GHz帯に加え、5GHz帯にも対応。11月末現在で約14万カ所のアクセスポイントが5GHz帯の対応予定で、2013年3月末までに40万カ所に拡大予定。

5.携帯電話回線とWi-Fiネットワークの切り替え時間短縮 屋内のアクセスポイントなどから漏れた弱いWi-Fi電波を受信することで、電波状況が悪くなりウェブへのアクセスが滞る場合などに、端末側で受信感度を監視して接続を制御したり、アクセスポイントが電波環境を把握し、端末との接続を制御するなどの対策により、Wi-Fiネットワークへのスムーズな切り替えとウェブアクセスを可能に。さらに、3Gや4GからWi-Fiネットワークに切り替える際に発生していた無通信時間を解消する機能も一部機種に搭載。

6.Wi-Fi接続最適化のための継続的な改善 Wi-Fi接続の環境変化に合わせてソフトバンクWi-Fiスポットを快適にご利用いただけるよう、自動的にWi-Fi接続に関する動作を最適化する機能を一部の機種で搭載。

Wi-Fiスポットについては速度のみならず、弱い電波をつかんだままネットに接続できないなど問題を抱えていますが、以前からソフトバンクはこれについて技術的な解決策があると表明していました。

今回の改善策はそれを実現したものと思われます。実際にどれだけ利便性が改善されるかは試してみないとわかりませんが、こういった取り組みは非常にいいですね。

関連記事
孫社長、「ソフトバンク Wi-Fi スポット」がつながっても遅いなどの問題について、技術的な解決策があると明言

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA