Iphonexbunner big

新幹線全97駅、LTE通信速度調査でソフトバンクが最速を記録

ICT総研は、新幹線全97駅でのスマートフォンLTE通信速度実測調査を行い、その結果を公表していて、LTE受信地点数はソフトバンクが最多、上り・下り速度も最速だったと伝えています。

Tsushinsokudochosa shinkansen
出典:ICT総研

この調査は、11月5日から13日まで、新幹線全97駅で、ホーム、改札付近、駅前広場の3地点で下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ計測。97駅291地点において、1端末あたり873回の測定をしたそうです。

ソフトバンクは、新幹線全97駅291地点の中でLTE受信地点数が217と最多となり、平均速度も下り平均速度は9.17Mbps、上りは4.31Mbpsとなり、auの下り7.02Mbps、上り3.16Mbpsを大きく上回っているとしています。

auは、LTE受信地点数が103と最小で、新幹線駅でのLTEネットワーク構築状況は他社に後れを取ったとしています。ただ、通信速度は下り平均 7.02Mbps、上り平均 3.16Mbpsを記録しソフトバンクには及ばなかったものの、ドコモは上回ったとしています。

ドコモはLTE受信地点数は189と、ソフトバンクには及ばないものの、6割以上のLTEエリアカバーを見せたとしています。ただ、通信速度については、下り平均6.36Mbps、上り平均 1.13Mbpsと芳しくなく、特に上りの速度が他社に比べ遅さが目立つとしています。

これらの結果を見ると、ソフトバンクのLTEのエリアの広さ、速度が他社より上回っているようです。ソフトバンクはLTEサービスを開始したばかりですが、すでに先行してサービスを始めているドコモを圧倒する結果になっていますね。

なお、新幹線の路線でも東海道新幹線と値ほんの新幹線では大きな差があるそうで、各社が東海道新幹線にかなり重点を置いていることがわかります。

新幹線全97駅 スマートフォンLTE通信速度実測調査の概要を発表 - ICT総研

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 阿部賢太郎

    SoftBankやるじゃん!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA