ソフトバンク、東急線と阪急電鉄の一部駅構内で「ソフトバンクWi-Fiスポット」提供開始

ソフトバンクモバイルは、東急線の「田園都市線」全27駅の構内において、2012年9月1日より「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供開始すると発表していて、さらに、阪急電鉄の一部駅構内においても利用できるようになったと発表しています。

Softbankwifispotex
 
まず、東急田園都市線については、9月1日から全27駅で提供が開始され、今後は「こどもの国線」を除く東急線の全駅に順次拡大していくとしています。

阪急電鉄についても今後、全線・全駅(大阪市営地下鉄管轄の「天神橋筋六丁目駅」を除く85駅)に順次拡大していくとしています。
ソフトバンクWi-Fiスポット」は、駅や空港、カフェなどを中心に全国で利用できる、ソフトバンクモバイルが提供する公衆無線LANサービスです。今回の提供エリア拡大により、阪急電鉄の駅構内においても、iPhoneやiPad、SoftBank スマートフォンなどが、より快適にご利用いただけるようになります。
ソフトバンクモバイルは、今後もさまざまな鉄道業者と連携して利用可能なエリアを拡大するとしています。

プレスリリース
東急線の一部駅構内で「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供開始
阪急電鉄の一部駅構内で「ソフトバンクWi-Fiスポット」が利用可能に

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)