今日の人気記事

スポンサードリンク

Facebook、追悼アカウント管理人を指定できる機能が日本でも利用可能になったと発表

Facebooktsuitou

Facebookは、利用者が亡くなった後の追悼アカウント管理人を、生前に利用者ご自身が指定できる新機能が日本でも利用が可能になったことを発表しています。

スポンサードリンク

Facebookは、利用者が亡くなった場合、その方の家族や友人からのリクエストに応じて、故人のアカウントを追悼アカウントに変更する機能を提供しているが、今回追加された追悼アカウント管理人は以下のことができるそうです。

  • 追悼と表示されたタイムラインで一番上に表示される投稿(例えば、葬儀のお知らせや特別なメッセージを表示するなど)
  • まだつながっていなかった家族や友達からの友達リクエストへの対応
  • プロフィール写真とカバー写真の変更

なお、追悼アカウントに切り替える代わりに、利用者は自身の死後にFacebookアカウントを永久に削除するという選択も可能となっているそうです。

Legacycontact 1

設定方法は、Facebookのアカウント設定から「セキュリティ > 追悼アカウント管理人」と進み、管理人になって貰う人を選びます。この時メッセージを送るオプションもあります。また、Facebook上でシェアされていた写真や投稿、プロフィールなどのアーカイブのダウンロードを許可するかも選択できるそうです。

これからの時代、自分が亡くなったあとのこういった情報の管理というのは考えていかないといけない問題となっているので、必要な機能の一つですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)