Iphonexbunner big

DAZN、Jリーグのライブ配信の視聴不具合の原因とユーザーへの対応を発表 ― 対象日に視聴操作した方には2週間の無料期間を提供

Daznlogo

DAZNは、2017年2月25日~2月26日にJリーグのライブ配信の視聴不具合が起きた問題で、原因の詳細とユーザーへの対応を発表しています。

スポンサードリンク

問題が発生した原因

この問題は、「ガンバ大阪vsヴァンフォーレ甲府戦」「愛媛FC vs ツエーゲン金沢」のライブ配信とJ2リーグ全試合の見逃し配信が視聴できなったわけですが、原因は以下のように発表しています。

2月26日、午後4時半前後に終了した7つの試合に対し、ライブ配信終了後に「見逃し配信」を自動的に起動するコンテンツ制作ツールが、複数の試合を同時に処理を開始したが、システムの一部に不具合があったため、結果データベースの破損、さらにはエンコーディングプラットフォームに障害を起こした。なお、この不具合は、複数試合によるアクセス集中によるものではないことを確認している。

この事象は2月25日にも起こっていたそうですが、その後システム上で正常稼働に復旧していたとのこと。

対応策としては、「エンコーディングプラットフォームの正常化」と「バックアッププラットフォームの構築」「アップデート環境の検証」を挙げていて、それぞれ対策を行っているそうです。

2月25・26日に視聴操作したユーザーに2週間の無料期間を提供

今回の件でDAZNは、契約中のユーザーへの対応として2017年2月25日~26日に、コンテンツの視聴操作をされたユーザーに2週間の無料期間を提供することを発表しています。

無料体験期間中のユーザーには、無料視聴期間を2週間延長、月額料金を払っているユーザーには利用期間を無料で2週間延長(次回の支払い日は現在設定されている日から2週間後)するそうです。

また、「DAZN for docomo」を契約中のユーザーには、NTTドコモよりdポイント500ポイントを進呈するそうです。なお、このポイントは6ヶ月の期間限定ポイントとなり、進呈時期については別途知らせるそうです。

今回の問題は同時視聴数が増えたから発生した問題ではなく、対策もしっかりおこなっているそうなので、とりあえず週末の第2節で無事に全試合ライブ配信されることを期待したいところです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA