今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、App Storeの刷新を発表、アプリ審査の高速化、サブスクリプションの収益配分の変更、検索広告導入など

Appstore

The Loopによると、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアヴァイス プレジデントPhil Schiller氏は、来週行われる「WWDC 2016」を前にApp Storeの刷新を発表したと伝えています。

スポンサードリンク


App Storeの大刷新

まず、アプリの審査の高速化として、Appleは現在、週に100,000アプリが提出されていて、以前は7〜10日かかっていた審査が、現在は約半数が24時間以内に完了し、2日以内に90%が完了しているとのことです。

サブスクリプションの強化

また、サブスクリプション(定期購読)も強化されるそうで、収益について、開発者が70%、Appleが30%という配分になっていたのを、2年目以降は85%:15%という配分に変更されるとのこと。さらに、サブスクリプションはすべてのカテゴリーのアプリで提供できるようになるそうです。

サブスクリプションについては国ごとに価格設定が可能になり、200もの価格オプションがあるとのことで、この変更は秋ごろになるとしています。

検索広告を導入

他にも、アメリカで検索広告機能も導入されるそうで、これはユーザーのプライバシーを尊重しながら関連性の高い広告を配信できるシステムとなっていて、この夏からベータ版が開始されるそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)