今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、新しいインターフェイスや新機能を搭載した「Final Cut Pro 10.3」リリース

Finalcutpro103

Appleは、新しいインターフェイスや新機能を搭載した「Final Cut Pro 10.3」をMac App Storeでリリースしています。

スポンサードリンク


Final Cut Pro 10.3の新機能

Final Cut Pro 10.3」の新機能は以下のようになっています。

新しいインターフェイス

  • 新しいダークインターフェイスでビデオに集中
  • 整理やカラーグレーディングなどの作業ごとにウインドウレイアウトをカスタムワークスペースとして保存
  • セカンドディスプレイでタイムラインの全画面表示/非表示を切り替え
  • インスペクタを画面いっぱいの高さで表示

マグネティックタイムライン2

  • クリップをロール(ダイアログ、ミュージック、エフェクト)ごとに色分けして、プロジェクト全体を一目で把握
  • ロールの作成、割り当て、色の設定により、オーディオクリップとビデオクリップのタイプを簡単に識別
  • 改良されたタイムラインインデックスでオーディオロールをドラッグ&ドロップしてタイムラインのレイアウトを変更
  • タイムラインインデックスの“焦点”ボタンを使って、特定のオーディオロールだけを表示し、ほかのクリップを非表示
  • タイムラインインデックスの“オーディオレーンを表示”ボタンを使って、タイムラインでクリップをオーディオロール別に表示
  • 複合クリップ内のロール全体にオーディオエフェクトや音量変更キーフレームを追加
  • iXMLサポートにより、オーディオ・フィールド・レコーダーで設定されたメタデータに基づいてロールを自動的に作成および割り当て
  • Final Cut Proライブラリごとに独自のロールセットを作成および管理

色域の拡大

  • 対応しているMacや外部ディスプレイでイメージを広色域で表示
  • 標準のRec. 601およびRec. 709またはWide Gamut Rec. 2020の色空間でビデオを読み込み、編集、配信
  • ライブラリとプロジェクトの両方で色空間を設定
  • ARRI、Blackmagic Design、Canon、Panasonic、およびSony社製カメラのLog素材や、RED RAW素材を、広い色域を維持しながらリアルタイムで操作
  • ビューアのレンジチェックオーバーレイを使って、標準のRGB範囲を超えている領域を強調表示
  • ビデオスコープでWide Gamutカラーをリアルタイムで表示

ビデオ形式のサポート拡大

  • MXFでラッピングされたApple ProResを使って、放送配信に適した柔軟性の高い形式で書き出し
  • MXFマスターファイルの書き出しで、オーディオロールを使って業界標準のチャンネルレイアウトを構成
  • Canon Log2/Cinema GamutとPanasonic V-Logをサポート
  • Sony PXW-FS7およびPXW-X70カメラのSony XAVC-L 4Kをサポート
  • Panasonic AVC-Intra LTの再生をサポート
  • AVC-Intraファイルを書き出し

追加機能

  • フロートランジションによってジャンプカットをシームレスに結合し、インタビュー撮影での考える間や言い直し部分などを除去
  • “エフェクトを削除”コマンドと“パラメータを削除”コマンドを使って、クリップから特定のエフェクトを削除
  • SMB 3ネットワークサポートにより、ネットワーク接続ストレージデバイス上のライブラリにアクセス
  • タイムコードエフェクトを使って、ビューアと書き出しファイルでクリップ名とソースクリップのタイムコードを表示
  • タイムコードをコピー&ペーストして、テキスト書類への数値入力を効率化
  • カスタムMotionプロジェクトを個々のFinal Cut Proライブラリに統合
  • ブラウザのオプションでクリップを連続再生
  • ブラウザとタイムラインでカスタムメタデータを検索
  • タイムラインインデックスでオーディション、複合クリップ、マルチカムクリップ、同期クリップを検索
  • アンカー付きの隣接クリップでトリムをロール編集
  • メディアブラウザとコンテンツブラウザが大きくなり、フォトライブラリ、サウンドエフェクト、ミュージック、タイトル、ジェネレータの表示領域が拡大
  • ミュージックとサウンドエフェクトのブラウザで、オーディオファイルをスキミングして範囲選択
  • Thunderboltケーブルを使って外部ディスプレイに直接A/V出力、専用I/Oデバイスは不要
  • XML 1.6により、マグネティックタイムライン2でのロールベースのオーディオコンポーネントをサポート
  • XMLサポートの拡大により、プロジェクトとクリップを既存のイベントに読み込み
  • サポートされるアプリケーションにクリップ、プロジェクト、イベントをXML形式でドラッグ&ドロップ
Final Cut Pro
掲載時の価格:¥34,800 (最新価格はStoreで確認してください)
アプリをダウンロード
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)