今日の人気記事

スポンサードリンク

VMware、OS X YosemiteとWindows 8.1に対応した「VMware Fusion 7」を発表

Vmw banner Fusion product 1

VMwareは、OS X YosemiteとWindows 8.1に対応した「VMware Fusion 7」を発表しています。

スポンサードリンク

VMware Fusion 7」では、OS X Yosemite向けに設計がされていて、高度に最適化された64ビットエンジンと、最新のIntel Haswellプロセッサを最も有効に利用するマルチコアの処理能力により、Windowsアプリと Macアプリを同時に、そしてより高速に実行できるとのことです。

また、最大16個の仮想 CPU、8TBの仮想ディスク、64GBのメモリを搭載する仮想マシンを作成して、最も要求の厳しいアプリケーションに対応できるようになり、1台の仮想マシンに最大2GBのビデオ メモリを割り当てて、グラフィックを多用するアプリケーションの性能を向上させることができるとのこと。

Retinaディスプレイに最適化もされていて、Windowsアプリもこれまでにない鮮明な画面で表示できるとのことです。

無償の評価版も用意されていて、旧バージョンからのアップデートは7,574円、製品版は10,593円となっています。

先日は「Parallels Desktop 10」が発売されていて、今回「VMware Fusion 7」も発売されたので、仮想化ソフト2つがOS X Yosemiteに対応してきたという感じですね。

関連記事
Parallels、OS X YosemiteやiCloudドライブをサポートする仮想化ソフト「Parallels Dersktop 10 for Mac」を発表

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)