Apple、iOSアプリ「iPhoto 1.1」リリース

Appleは、iOSアプリ「iPhoto 1.1」をリリースしています。

Iphoto sh
 
今回の「iPhoto 1.1」から「iOS 6」以降が必要になっていて、以下の新機能が追加されています。

バージョン 1.1 の新機能

• iPod touch(第4世代以降)のサポートを追加しました。
• iPhoneおよびiPod touch上のヘルプシステムにコーチングヒントが追加されました。
• チョークやパレットナイフなど、Appleがデザインした6個の新しいインクエフェクトが追加されました。
• 36.5メガピクセルまでの画像がサポートされるようになりました。*
• iTunesファイル共有でフル解像度の写真を読み込めるようになりました。
• カスタムタグを写真に追加することでタグアルバムを作成できます。
• 「ライブラリをアップデート中」通知が表示される回数が減ります。
• 複数の写真をカメラロールに一度に保存できるようになりました。
• トリミングプリセットが、検出された顔を使用して構図を判断できるようになりました。
• ティルト・シフトおよびグラデーションエフェクトを回転できるようになりました。
• Facebook共有が「設定」でシングルサインオンをサポートするようになりました。
• 写真をFacebookに投稿するときにコメントをより簡単に追加できます。
• ビデオをFacebookにアップロードできます。
• 写真をFacebookに投稿するときに位置情報と友達タグを設定できるようになりました。
• 写真のグループをFacebookに送信するときにコメントと位置情報を写真ごとに設定できます。
• Facebookに以前に投稿した写真を新しいバージョンで置き換えるのが、さらに簡単になりました。
• Facebookへのアップロードがバックグラウンドで完了したときに、通知が表示されるようになりました。
• Cards、iMovie、およびサポートしているその他のAppに写真を直接送信できるようになりました。
• ジャーナルに新しいレイアウトオプションが追加されました。
• ジャーナル項目内のテキストのフォントと配置を変更できます。
• ジャーナル内のメモおよび思い出項目に新しいスタイルおよび色オプションを使用できます。
• ジャーナルメモおよび思い出項目のサイズを変更できるようになりました。
• レイアウトのリフローを制御するために、分割線を追加してジャーナルページをセクションに分割できます。
• 新しい入れ替えモードにより、ジャーナルレイアウト内で項目の配置をより簡単に変更できます。
• 位置情報データが存在しないときでも、ジャーナルマップ上にピンを置けるようになりました。
• ジャーナルへのリンクをFacebookやTwitter、および「メッセージ」で直接共有できるようになりました。
• リモートジャーナルが別のデバイスで作成された場合でも、ジャーナルへのリンクを共有できるようになりました。
• 新しい「変更を公開」ボタンにより、ジャーナルをいつアップデートするかを制御できます。
• 「写真」表示でスクロールするときに、年や月を表示するオーバーレイが表示されるようになりました。
• 写真を日付別に保存できるようになり、新しい基準でフィルタリングできるようになりました。
• 「写真」表示に高速でスクロールするためのパワースクロールストリップが追加されました。
• サムネールのグリッドを縦方向の複数行に拡張できるようになりました。

*36.5MP イメージは iPhone 5 および第 3 世代の iPad でサポートされます

対応機種は、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、iPad 2、新しいiPadとなっています。

価格は450円で、iPhone、iPadユニバーサルアプリとなっています。

iPhoto 
掲載時の価格:¥450
販売元: Apple - iTunes K.K.
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)