今日の人気記事

スポンサードリンク

iPhone 6sシリーズに搭載の「A9」プロセッサはサムスン製とTSMC製でダイサイズが違うことが明らかに

A9chipsamtsmc
img via Chipworks

MacRumorsは、Chipworksが「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」に搭載されている「A9」プロセッサについて、サムスン製とTSMC製でダイサイズが違うことが明らかになったと伝えています。

スポンサードリンク


サムスン製の方が若干サイズが小さい事が判明

今回の「A9」はサムスンとTSMCが製造しているそうですが、サムスン製のA9プロセッサ「APL0898」が96mm²に対して、TSMC製の「AAPL1022」は104.5mm²となっているそうです。

今のところこの2つのチップにパフォーマンスの差があるかどうかなどは明らかになっていないそうですが、Chipworksでは両プロセッサでのベンチマークなどを計測する計画があるそうです。

Appleは様々なサプライヤーに部品の発注していて、最近では同じパーツを複数のメーカーに発注することもよくあることではありますが、同じA9プロセッサでもサイズが違っているというのはちょっと驚きですね。

iPhone 6s・iPhone 6s Plusの購入はオンラインストアで!

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)