今日の人気記事

スポンサードリンク

テイラー・スウィフト、Apple Musicの3ヶ月の無料期間中にアーティストなどに支払いがないことに抗議

Appletaylor

Apple Musicは6月30日にスタートしますが、ITmediaニュースによると、歌手のテイラー・スウィフト氏が最新アルバム「1989」をApple Musicから引き上げることを発表していて、3ヶ月の無料期間中にアーティストに支払いがないことに抗議していると伝えています。

スポンサードリンク


テイラー・スウィフト氏の抗議は無料期間中の支払いについて

以前の記事で紹介しましたが、Appleは「Apple Music」の3ヶ月間ある無料試用期間中については、レーベル側などに支払いがされないことになっていることが明らかになっていますが、テイラー・スウィフト氏はこれに抗議していて、自身のブログの中で以下のように発言しているそうです。

Appleが(Spotifyのような広告ベースのサービスではなく)有料のストリーミングサービスを提供することは素晴らしいと思います。(中略)また、この素晴らしい企業が無料の3カ月間、アーティスト、作詞作曲家、プロデューサーに支払うだけの十分なお金を持ち合わせていることも知っています

Appleがこのポリシーを変更し、この件で大きな影響を受けるであろう音楽業界の人々の気持ちを変えることはまだ可能だと、敬意を込めて提言します。私達はiPhoneを無料にしろとは言いません。どうか、私達に音楽を無料にしろと言わないでください

無料期間中の負担はレーベルやアーティストなどに

3ヶ月間ある無料試用期間中にレーベルやアーティストなどに支払いがされないといういうことは、どういった契約交渉の中で決まったことかなどがわからないので難しい面がありますが、個人的にはアーティスト側からのそういった発言は納得できるかなとは思います。

無料期間中だけにフォーカスすると、その間の負担というのが、レーベルやアーティスト側だけということになりAppleは負担しないということになるので、やはりちょっと不公平感はありますよね。

もちろんそのかわりに有料化後の割合が高くなっているということもあるようですが、無料から有料にする人がどれだけいるのかというのもありますし・・・

テイラー・スウィフト氏のように影響力のある人が発言することによって、この状況が変わる可能性もありますし、Appleとしても対立関係になることはいいことはないですから、何かいい着地点をみつけられるといいのですが・・・

無料期間内の支払いについては、「LINE MUSIC」や「AWA」などはどうなっているんでしょうね?その辺も気になったりしました。

Update
これに対して、Appleのインターネットサービス担当シニアバイスプレジデントのEddy Cue氏が、無料期間中でもアーティストに支払いをすることを明らかにしています。詳しくはコチラの記事をどうぞ!


スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)