今日の人気記事

スポンサードリンク

「iOS 9」からデベロッパーは64Bit-CPUを持たない機種を除外することが可能に

Ios9

9to5Macによると、「iOS 9」からデベロッパーは64Bit-CPUを持たない機種を除外することが可能になっていると伝えています。

スポンサードリンク

デベロッパーは自分のアプリを64Bit-CPUを持たない機種についてオプションで制限することが可能で、有効にした場合は非64Bit-CPUのデバイスではそのアプリがApp Storeに表示されなくなり、もちろんダウンロードもできなくなるそうです。

Appleは「A7」チップから64Bitプロセッサとなっていて、現在64Bitに対応している機種は「iPhone 5s以降」「iPad Air 以降」「iPad mini 2」以降となり、「iPod touch」は全機種対象から外れることになります。

Appleは今年の2月1日からアプリの64Bitサポートが必須条件で32Bitと64Bitの両方のコードが必要だということをデベロッパーに告知をしていましたが、「iOS 9」からは64BitだけをサポートするアプリというのがOKということになるようです。

これはすべてデベロッパーの方の判断ということになりますが、古い機種のサポートをしないという割り切りもできるということですね。もちろん今までどおり32Bitも64Bitも両方サポートすることも問題ありません。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)