今日の人気記事

スポンサードリンク

「WWDC 2015」目前!基調講演で発表が予想されるものをまとめてみた

Wwdc2015logo

さて、いよいよ「WWDC 2015」が現地時間6月8日午前10時(日本時間6月9日午前2時)の基調講演からスタートしますが、今回はその基調講演で発表が噂されるソフトウェアやサービスなどをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク


iOS 9

Iphone6

「WWDC」とは「Worldwide Developers Conference(世界開発者会議)」の略なので、開発者のためのイベントになっています。そして最近では「iOS」のメジャーアップデートのプレビューが行われているので、今回も「iOS 9」の発表があるのは確実だと思います。

今までの情報から「iOS 9」では、いくつかの新機能の噂があります。マップアプリでの乗換案内サービスやHomeKitアクセサリを管理する「Home」アプリ、Google Nowのようなパーソナルアシスト機能とされる「Proactive」などが挙がっていますが、今回のアップデートの目的は安定性と最適化になるのではないかとされています。

さらに、「iPhone 4s」と初代「iPad mini」でも動作するように最適化されたバージョンのようなものや「Rootless」と呼ばれる新しいセキュリティシステムの搭載などが噂されていますが、今までのアップデートのような新機能が多く追加されるというわけではなく、より使いやすく、より安定したiOSということを目指しているような方向のようです。

Apple、「iOS 9」と「OS X 10.11」では品質にフォーカスし、新機能の追加を制限する見込みか!?
Apple、Google Nowのような機能「Proactive」を開発か!?
「iOS 9」では「iPhone 6s」のForce Touchに対応、新しいキーボード、iMessageの重要な機能強化が含まれる!?
「iOS 9」の最大の特徴は安定性と最適化になる!?
Apple、「iOS 9」のマップアプリで乗換案内サービスの提供か!?

OS X 10.11

Macbookperfomance 04

OS Xの次期アップデート「OS X 10.11」も今回の「WWDC 2015」でプレビューが公開されると思います。コードネームは”Gala”と呼ばれているそうですが、こちらも「iOS 9」と同様に大きなアップデートというより、安定性と最適化にフォーカスされていると噂されています。

今のところ目玉となる新機能の情報はあまりなく、「iOS 9」にも搭載される「Rootless」と呼ばれる新しいセキュリティシステム、随分前から追加が見送られていたコントロールセンター、そしてシステムフォントが「iOS 9」とともに「Apple Watch」に搭載された「San Francisco」になる可能性もあるそうです。

「iOS」の情報に比べてあまり多くの情報が出てこなくなっている「OS X」ですが、基本的には「iOS」との連携が引き続きテーマとなっていくのではないでしょうか。

Apple、「iOS 9」と「OS X 10.11」では品質にフォーカスし、新機能の追加を制限する見込みか!?
Apple、「iOS 9」と「OS X 10.11」では「Apple Watch」使用されているフォント「San Francisco」を採用か!?

新しい音楽ストリーミングサービス「Apple Music」

Itunesradio

今回の「WWDC 2015」の目玉の一つとなるのではないかと思われるのが新しい音楽ストリーミングサービスの発表ですね。

この新しい音楽ストリーミングサービスは「Apple Music」と呼ばれると予想されていて、月額9.99ドルで聴き放題となるようで、無料試用期間が3ヶ月に設定されるとの情報が数多く出ているのでほぼ確定と言っていいかもしれません。

ライバルのSpotifyのような広告を聴くことで無料となるプランというのは導入されない見込みで、これはレーベル・アーティスト側に配慮しているのだと思います。

また、アメリカとオーストラリアのみサービスを提供している「iTunes Radio」についても刷新が行われ、有名DJがセレクトしたプレイリストなどを無料で聴けるあらたなサービスに変わっていき、「Apple Music」とは別に無料で楽しめるサービスとなるのではないでしょうか。

「Apple Music」については、「iOS 8.4」から搭載されおそらくサービス開始はアメリカのみという可能性が高く、日本については今までも音楽系のサービスは導入が遅れているので、今回もすぐにスタートということは難しいと思います。このへんはどうしても権利関係がややこしいですね。

新しい「iTunes Radio」についても日本は難しいと思いますが、他のいくつかの国でサービスが提供される可能性はあると思います。

Update
Sony MusicのCEOが、「WWDC 2015」で「Apple Music」が発表されると述べたそうなので、ほぼ確実と入れると思います。

Update 2
日本経済新聞が、日本でもサービスを開始するとの情報を掲載していました。

Apple、「Apple Music」は日本でもサービスを提供?? – すでにレコード会社と交渉中か!?
Sony MusicのCEO、「WWDC 2015」で「Apple Music」が発表されることを明らかに
Appleの音楽ストリーミングサービスの名前はやはり「Apple Music」でやはり3ヶ月の無料試用期間が含まれる!?
Apple、「WWDC 2015」で音楽ストリーミングサービスを発表することは確実か!?
・Apple、新しいiTunes RadioのゲストDJとしてDrake、Pharrell Williams、DJ David Guettaと交渉中!?
Appleの新しいストリーミングサービスは「Apple Music」という名前でアーティストのためのSNS機能が搭載される!?
Apple、デベロッパー向けに「iOS 8.4 beta」をリリース – 新しいミュージックアプリを搭載

新型「Apple TV」

Appletvremote

つい先日までこの「WWDC 2015」で新型「Apple TV」が発表されるのではないかと思われていましたが、最近の情報では今回の発表が見送られると思われているようです。

新型「Apple TV」の情報としては、デザインが刷新されTouch Padを搭載した新しいリモコン「Apple Remote」が付属、A8プロセッサの搭載、アプリをサポートするためにデベロッパーに向けて「TVKit」というものが配布されるのではないかとみられています。

さらにSiriによる音声コントロールのサポートやストリーミングTVサービスなどの導入も噂になっていましたが、そのストリーミングTVサービスについては、まだ交渉がまとまっておらず時間がかかるともいわれていて、デバイスの準備とともにこのサービスが提供できないのも今回発表が見送られた要因ともいわれています。

個人的には新型「Apple TV」の発表をかなり期待していたので、ちょっとガッカリしているところです。

Apple、「WWDC 2015」での新型「Apple TV」の発表は準備が間に合わず延期に!?
現在開発中とされる「Apple Watch」のアップデートの詳細情報!? さらに新型Apple TVの情報も?
Apple、新型「Apple TV」ではTouch Padを搭載した「Apple Remote」を付属か!?
新型「Apple TV」は「WWDC 2015」で発表され、App StoreやSiriを搭載!?

「Apple Watch」ネイティブアプリの開発が可能になるWatchKitの発表

Applewatchreview 05

デベロッパーの人を含めこれを期待している人も多いのではないかと思いますが、先日行われた「Code Conference 2015」に登壇したAppleのオペレーション担当シニアヴァイスプレジデントJeff Williams氏が、「Apple Watch」のネイティブアプリ開発キットを「WWDC 2015」で発表することを明らかにしました。

今の「Apple Watch」向けのアプリは、あくまで「iPhone」アプリがあって「Apple Watch」アプリがあるという条件のものとに作られていますが、ネイティブアプリの開発が可能になるWatchKitが公開されれば、「Apple Watch」だけで動くアプリの開発が可能になります。

それにより、「Apple Watch」に組み込まれたセンサーに直接アクセスすることができたり、ゲームが開発できるので新たなチャンスが生まれ、より「Apple Watch」が便利になるきっかけになるのではないかと思います。

なお、実際にデベロッパーがプレビュー版を使えるようになるのは秋以降になるとみられています。おそらく「iOS 9」のリリースと同時ぐらいではないでしょうか。

Jeff Williams氏、「Apple Watch」のネイティブアプリ開発キットを「WWDC 2015」で発表することを明らかに

今年もワクワクするWWDC

現状大きな発表としては、以上のようなものになるのではないかと思います。ちなみに、ハードウェアにつていは新型「Apple TV」の発表がないとするとMacが現状すぐにアップデートするモデルがなさそうなので、今回ハードウェアの発表についてはないかもしれません。

これ以外の「One more thing」があることを期待したいところですが、これまでの発表でも相当盛り沢山となりそうなので、やっぱりこれだけですかね。あとは内容で大きな驚きがあることを期待しておきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)