今日の人気記事

スポンサードリンク

「Apple Watch」に搭載される「S1」プロセッサの内部の仕様が明らかに – RAMは512MB

S1prosesser
Photo by ABI Research

MacRumorsは、ABI Researchが「Apple Watch」に搭載される「S1」プロセッサの内部の詳しい仕様を明らかにしていると伝えています。

スポンサードリンク

「S1」プロセッサの中心にはメインプロセッサとなるApple「APL 0778」というチップが搭載されていて、さらにElpidaの4Gb(512MB) SRAM メモリー「F440AAC」があります。

また、フラッシュメモリは8GBとなっていて、Sandiskと東芝のものが使われているそうで、Wi-Fi/BTチップにはBroadcomの「BCM43342」がつかわれています。

ワイヤレス充電のチップにはIDTのチップ「P9022」が搭載されているそうで、「Apple Watch」のパーツにはハイエンドの機能を持ったチップが搭載されていて、ここはAppleのiPhoneとは大きな違いがあるとしています。

「S1」プロセッサの内部がここまで詳細に分析されたのは初めてだと思いますが、これだけの小さい筐体の中にこれだけのチップが詰まっているのにも技術の進化を感じますね。個人的にはワイヤレス充電のチップはどれが採用されているのかを注目していましたが、IDTのものだったようですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)