今日の人気記事

スポンサードリンク

アメリカの「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の割合は3:1、91%が最新モデルを選択

Iphone6plus 08

MacRumorsは、Consumer Intelligence Research Partnersのレポートによると、「iPhone 6/6 Plus」の発売後30日のすべての「iPhone」の売上のうち
「iPhone 6」が68%「iPhone 6 Plus」が23〜24%をだったと伝えています。

スポンサードリンク

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の割合は3:1で、残りの部分は「iPhone 5s」と「iPhone 5c」が占めているそうです。

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の発売された最初の30日間で、2つのモデルが91%を占めていて、これは昨年発売された「iPhone 5s/5c」の時は最初の30日間で86%を上回る結果になっているそうです。

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の割合は3:1と大差になった理由としては、「iPhone 6 Plus」の供給不足も一つの要因だったとしていて、この割合は各国によって異なりアジア圏では「iPhone 6 Plsu」の方が好まれる傾向にあるとしています。

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」が同程度の出荷台数だった場合、この割合というのはもう少し小さくなりそうですが、アメリカでは「iPhone 6」が人気の傾向があるようです。

日本ではどのくらいの割合なのか気になるところですが、やはり「iPhone 6」な気がしますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)