今日の人気記事

スポンサードリンク

新型「iPad」シリーズはどうなる?Appleのスペシャルイベントで発表される製品を予測してみる

IMG 1723 486x480

 
いよいよ現地時間2013年10月22日(日本時間10月23日)にAppleが新型「iPad」シリーズを発表するとみられるスペシャルイベントを開催します。

当ブログでは毎回スペシャルイベントを前に今まで出てきた噂や情報をまとめつつ予測していますが、今回もやってみたいと思います。

スポンサードリンク

iPad (第5世代)

発表が確実なのが「iPad (第5世代)」で、今回はデザインがリニューアルされ、薄く・軽くなることが予測されています。

スペックについても色々噂が出ていますのでまとめてみたいと思います。

  • プロセッサには64bit A7Xプロセッサ
  • iPhone 5sに搭載の「Touch ID」を採用?(非搭載という噂も)
  • デザインは現行iPad miniのようにベゼルが狭くなり、薄型、軽量化に
  • 薄さは7.5mm、重さは500g
  • 大口径の8メガピクセルカメラ
  • カラーラインナップ:スペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色
  • 発売日は11月1日か
Goldipadmini

 
「iPad (第5世代)」の最大の特徴はやはりデザインの変更で、「iPad mini」のようなデザインになるのはほぼ確実だと思われます。そして、一番予測が難しい部分が「Touch ID」の搭載の有無ですが、個人的には搭載されるのではないかと思います。期待を込めて・・・。

発売日については、今までの流れからも発表翌週の金曜日という形をAppleが変更するとはおもえないので、そうなると11月1日(金)になるのではないでしょうか。

「iPad (第5世代)」と「iPad mini (第2世代)」には「Touch ID」が搭載される!? 「iPad mini (第2世代)」にRetinaディスプレイ搭載は確実な情勢?
The Wall Street Journal:薄く軽量化された「iPad (第5世代)」とRetinaディスプレイ搭載の「iPad mini (第2世代)」の発表を予測
Ming-chi Kuo氏の予測:「iPad (第5世代)」はA7X、薄く軽量、カメラの改善、ゴールドオプションが追加か!? さらに「iPad mini(第2世代)」の予測も
「iPad (第5世代)」には「Touch ID」とゴールドモデルは追加されない!?
Bloomberg:薄くなった「iPad (第5世代)」とRetinaディスプレイを搭載した「iPad mini」が今年リリースされる!?

iPad mini (第2世代)

今回のスペシャルイベントは「iPad」シリーズがメインとなるのは間違いなく、デザインの大きな変更を伴う「iPad (第5世代)」がメインになると思われていました、ここにきて「iPad mini (第2世代)」にも焦点が当たってきました。

もちろん理由はRetinaディスプレイの搭載の情報ですが、予想されるスペックについてまとめてみたいと思います。

  • Retinaディスプレイを搭載(2048×1536ピクセル)
  • A7プロセッサを搭載
  • 「Touch ID」を搭載か!?
  • 厚さが7.5mmになり、幅も0.2mm広がる。Retinaディスプレイのバッテリーの厚みが増すためか。
  • カラーラインナップ:スペースグレイ、シルバーの2色
  • 発売日は11月1日か
Touchidipadmini

 
「iPad mini (第2世代)」についての焦点はただ1つ、Retinaディスプレイの搭載かどうかですよね。ここ最近の情報を総合するとかなり可能性が高まっている気がします。

「Touch ID」の搭載も気になるところですが、やはりRetinaディスプレイ搭載となれば一気にライバルタブレットデバイスを引き離すことになるのではないでしょうか。また、発売日については「iPad (第5世代)」と同じくだと思われます。

「iPad mini(第2世代)」は「Touch ID」搭載もRetinaディスプレイではない!? リーク画像が公開される?
「iPad mini(第2世代)」は現行モデルより若干厚みが増す!? Retinaディスプレイ搭載のためバッテリーの厚みが増したため?
「iPad mini(第2世代)」に「Touch ID」が搭載が示唆されるリーク画像??

MacBook Pro

今回のスペシャルイベントでは「iPad」シリーズの発表がメインとなりますが、おそらく「MacBook Pro」の新モデルも発表されるものと思われます。

「MacBook Pro」については、Retinaディスプレイモデルと非Retinaモデルがありますが、今回はRetinaディスプレイモデルのアップデートがメインになるのではないでしょうか。

  • Haswellプロセッサを搭載
  • FaceTimeカメラにFull HDカメラを搭載
  • さらにグラフィック性能が向上
  • PCI Express接続のフラッシュストレージ
  • Wi-Fi 802.11acをサポート
  • バッテリー駆動時間が延びる
  • 即日販売開始されると思われる
Macbookpro2013

 
基本的にはHaswellプロセッサの搭載など「MacBook Air (Mid 2013)」のアップデートを踏襲する形となると思われます。

販売開始については、これは去年も同様の発表だったこともあり、即日で間違いないのではないでしょうか。

OS X MavericksやMac Pro

ここまでの3つの製品については発表される事が確実だと思います。その上で「OS X Mavericks」のリリース時期についてや「Mac Pro」の発売時期に言及があるかどうかがひとつ注目だと思います。

OsxMavericks

 
「OS X Mavericks」については、過去の例からもリリース日は現地時間10月28日のAppleの2013年第4四半期の決算発表の翌日になるのではないかと思います。

そのためこのスペシャルイベントでは、まもなくリリースされるという形で発言があるかもしれません。

Macpro

 
「Mac Pro」に関しては今年中に発売されるというアナウンス以来、目立った動きはありませんが、今回のスペシャルイベントで発売日の言及があるかどうかはなかなか予測しづらいですね。

個人的にはいつ発売かどうかは発表してほしいところではありますね。

Apple、2013年第4四半期の決算発表を10月28日に行うと発表

さて、今まで出てきた噂をまとめつつ、予測をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?個人的には「iPad mini (第2世代)」のRetinaディスプレイの搭載されるかどうかに注目してみたいと思います。

すべてはスペシャルイベントで明らかになると思いますが、発表前のこの時期はワクワクしてしょうがないですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)