今日の人気記事

スポンサードリンク

東京駅の地下一階「びゅうスクエア」でトライアル中のiPadを利用した「デジタルコンテンツサービス」をチェック

JR東日本は、2013年7月1日〜9月16日まで東京駅の地下一階「びゅうスクエア」にてiPadを利用したデジタルコンテンツサービスを実施していたので、少し試してみました。

Jrviesquare 01

 

スポンサードリンク

「びゅうスクエア」の一角にあるこのコーナーはそんなに広くなく、iPadが5台設置されていて、コンテンツとして映像やゲームなどがあるのでヘッドフォンも装備されていました。

また、コーナー自体を白にしているので、iPadのカラーもホワイトでした。

Jrviesquare 02

 
壁紙にメニューを書く形で、下の3つのアイコンを選択させる形になっていて、iPadを使ったことがない人でも分かりやすい案内になっていたと思います。

提供されているコンテンツとしては、旅行系の「るるぶ」や「日経 TRENDY」のLite版など結構多くのものがみることができるようです。

Jrviesquare 03

 
もちろん東京駅のナビも搭載されていて、ホームや施設、「駅ナカ探検隊」と題した東京駅にある秘密の場所を案内してくれるコンテンツもあります。

Jrviesquare 04

 
この案内アプリなどはしっかり作り込んである感じがしていいと思います。

場所的に地下一階の「びゅうスクエア」の一角という場所のため、私が使っている間は残念ながら他に利用している人はいませんでした。利用の幅も拡大して、もう少し目立つ場所で展開するといいのではないかなと感じました。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)