スティーブ・ジョブス氏は、当初手術を拒否していた

アメリカのTV「60 Minutes」が、スティーブ・ジョブズ氏の公式伝記の筆者Walter Isaacson氏にインタビューを行い、その予告編を公開していて、その中でスティーブ・ジョブズ氏は、家族や友人などに説得されるまで、すい臓がんの手術を受けることを拒否していたと伝えています。 (Souce:Cnet JapanGIZMODE)
スティーブ・ジョブズ氏のすい臓がんは、進行の緩やかなもので手術で摘出すれば治るとされていたらしいのですが、スティーブ・ジョブズ氏は、手術を受けず、食餌療法やスピリチュアリストに会いにいったり、マクロバイオティックなどを試していたそうです。 なぜすぐ手術を受けなかったのか?とスティーブ・ジョブズ氏に聞いたところ、
体を切り開くのは嫌だった。そのように侵されるのは嫌だったのだ
と述べたそうです。 その後、奥さんや友人などが説得を試み、手術を受けることを決断したそうです。しかし、すい臓がんが発見されてからすでに9ヶ月経過していて、その時にはすい臓の周りまで転移してしまっていたそうです。スティーブ・ジョブズ氏本人は、この事を後悔をしていたようです。 なんとも言えないエピソードですね…。タラレバになってしまいますが、早く手術を受けていればと思ってしまいますね。とっても残念です…。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)