スティーブ・ジョブズ氏の追悼式に参列した著名人

9To5Macが、FORTUNEの情報として、16日にスタンフォード大学で行われた、スティーブ・ジョブズ氏の追悼式に参列したリストを公開していると伝えています。 主な出席者として、ティム・アレン(俳優)、ボノ(U2)、ビル・クリントン元大統領、ラリー・エリソン(オラクルCEO)、ビル・ゲイツ(マイクロソフト会長)、チャールズ・ゲシキ(Adobe共同創業者)、ジョン・ワーノック(Adobe共同創業者)、アル・ゴア元副大統領、ラリー・ページ(GoogleCEO)、マイケル・デル(DellCEO)など。他にも数多くの方が参列されたようです。 もちろん、AppleのCEOティム・クック氏やスコット・フォーストール氏の名前もあります。 そして、先ほどソフトバンクの孫正義社長がこの追悼式に参列したとTwitterでツイートしていました。やはり行かれたんですね。 相当たるメンバーに囲まれ、追悼式は行われたようですね。内容については分かりませんが、週アスPLUS記事では、参列者の一人が「こんな美しい追悼式典はこれまでになかった。話していた人すべてがそのような感情と親愛の情を率直に抱いていた」とツイートしたと伝えています。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)